HPビルダーVer.19とWordPressを使ってサイトを作成してみよう。

って、それでできたものがこのページなんですけどね。

なべ先生はHPビルダー2000(たぶんVer.で言い換えると4かな)から、ずっと愛用しています。
初めてホームページを開設したのは、平成12年2月2日のことでした。
当時父親がカラオケスナックを経営しており、そこのホームページが欲しいと言われたのが始まりです。(この後も、父は無茶ぶりをし続け、それに応えていくうちにできることが増えたので、ある意味今日のなべ先生が居るのは父のおかげかもしれません)

ソフト自体はとても使いやすいと思います。初心者でも簡単に!とのことで、過去には
「どこでも配置モード」
「ホームページビルダー・クイック」などを搭載し、評判がアレなまま消えていきましたが、本家のソフトはとっても良くできていると思いますよ♪

今回Ver.19では、新たに「ホームページビルダーSP」とやらが搭載されました。ドラッグ&ドロップでページが作れる!レスポンシブデザインにも対応!」ということで華々しくデビューしましたが、さてさて、どうなることやら・・・・・。

HPビルダーVer.19のSP、触ってみましたが、やはり簡単に作れる分、自由度が下がるかなと。まったくの初心者が作るには良いのかもしれませんが、自分の好きに変更したい人には向かないかもしれません。
地図も、クラシックなら細かい設定ができて、地図の中心点をずらしたり、マーカーを付けたり、マーカーに文字を表示したりできるのですが、SPモードだとその辺の細かい設定はできませんでした。
ただ、SPは今回初めて搭載されたモードなので、今後に期待でしょうか。
フルCSSテンプレートも、最初のころから比べると格段にきれいに、使いやすくなっていますしね。

というわけで、今回はVer.19クラシックで、WordPress(以下WP)テンプレートを使用して作ってみました。

以下自分用の忘備録

レンタルサーバ内に、先にフォルダを作成し、そのフォルダにWPをインストールすることで、複数のWPサイトを管理できる。
ロリポップの場合、ロリポップのユーザー専用ページから「簡単インストール」でWPを先にインストールしておくと設定が簡単。
データの保存場所は以下の通り
「C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Justsystem\Homepage Builder Version 19\wordpress\wpsite(作成日時)」
なべ先生のHPは、WPテンプレートにあるものを使用していますが、テンプレートにあったものはポイントとなる色が全部Greenだったので自分のHPのテーマカラーである青に全部書き換え。
その際、リストマーク等で使用されている画像を、上記のデータ保存場所から呼び出して色を変更して保存。
変更にはHPビルダー付属のウェブアートデザイナーを使用し、ファイルはそのまま上書き。
その後、CSSで色コードを検索し、Greenの部分をそれぞれ「置換」で自分の使いたい青に変更。
これをすることで、スマホから表示するときのメニューの色なども変更できた。
結構手間はかかっているが、その分納得のいく形になったので満足。
ただし、これらの変更は一切HPビルダーでサポートされていないので、変更は自己責任で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA